1月のタネまきにオススメの野菜品種紹介

1月は露地で種まきは難しくなってくる時期です。
屋内での栽培を楽しむのが良い季節となります。プランターで栽培する場合は、赤玉土を多めに入れた用土を利用して水はけを良好に保ちましょう。
室内は乾燥がちで植物にとっては案外過酷な環境です。
ベビーリーフなどをプランターで栽培してタイムラプス映像を撮影したりすると2倍楽しめます。ホウレンソウなどを屋外に蒔く場合はべたがけ+トンネルなどで発芽温度を確保するようにしましょう。
カリーノケールHG

カリーノケールHG

夏場の収穫に向いているカリーノケール
詳細はこちら
カリーノケールHGのカレンダー

スパイダーZ

スパイダーZ

大葉で葉数多く一株重が出る多収型秋冬品種。低温伸長良好。
詳細はこちら
スパイダーZのカレンダー

ヘルシーグリーン

ヘルシーグリーン

貝割れ・もやしブロッコリー専用
詳細はこちら

パープルサンゴ

パープルサンゴ

栄養豊富、サラダの彩りに貝割れ専用種
詳細はこちら

ムスクランサラダセット

ムスクランサラダセット

7種のレタスの味と色と香り
詳細はこちら

森の奏で

森の奏で

夏から秋冬収穫まで、夏越し率が高く、収量がとれる万能型F1一本ネギ
詳細はこちら
森の奏でのカレンダー

サラダからし菜

サラダからし菜

ピリッとした辛味がサラダ、浅漬けにも最適 加熱すると、辛みはほとんどなくなり、苦味もなく旨味を素直に受け止める
詳細はこちら
サラダからし菜のカレンダー