2021-07-26記事掲載

カリーノケールの加工品が続々誕生しています

画像は掲載ページのサムネイル 熊谷経済新聞
「カリーノケール」はご存じの通り、従来のケールに比べて青臭さや苦みが少なく、生のままサラダでも食べやすいように改良されフリル状に縮れた葉が特長のケール。栄養はそのままに食べやすいと評判の品種です。
今回「カリーノケール」をつかって餃子、ベーグル、ソーダ、オレなど今までにない加工品も予定されています。