ウインドスター889粒剤

連作障害の予防と保肥力の向上に(有機JAS別表1適合資材)

ウインドスター889粒剤1枚目
ウインドスター889粒剤2枚目

特性

畑や水田に直接、または育苗培土に混和してつかう。ウインドスター889液剤のフィトンチッド作用の天然松節油が土壌にゆっくりと拡散し連作障害の予防。天然ゼオライトが保肥力の向上に役立つ。JASOM-130416 有機JAS別表1適合資材。


  • 全層混和…表層に撒布後、すぐにロータリー等で鋤き込みする。深さ10cm以内。 60〜70kg/10a当り
  • 土壌処理…全層混和で15〜20?に鋤き込み後、かん水し、ビニールシートで20日間被覆する。
  • 植穴処理…20〜30gを目安に落とし入れる。
  • 水田撒布・・・30?/10aを仕上げ代掻きの時に水田土壌に混和する。
  • 苗箱処理・・・育苗時、苗箱(トレイ)の表面に30〜50g/箱》 パラパラ撒きし、かん水する。
  • 培土混合・・・育苗で使用する培土の総重量に対し#2粒剤を2%混ぜる。


《製品規格》

#3(3ミリ) 全層混和土壌処理で使用におすすめ

#2(1ミリ) 育苗培土に混ぜて使用におすすめ

栽培上の注意

開封後は早めに使い切って下さい。何回かに分けて使用する場合は開封口を完全に密封し 保管してください。保管状態によっては 放散が進み、有効期間が短くなります。