キチン酵素

好熱性微生物が生み出す耐熱性キチン質分解酵素など50種類以上の発酵産物を含む有機液

キチン酵素

特性

≪特性≫
生長促進・収量増・食味やうまみ成分の向上・栄養成分の向上・色づきの向上・鮮度保持の向上に加えて、地力を高める。
キチン酵素に含まれるキチン質分解酵素は、病気をひきおこす原因である糸状菌やカビ菌類の繁殖を阻害します(静菌効果)土壌中では、微生物の優劣関係を修復しながら有用微生物を繁殖させて、土壌中の生態系バランスのよい状態になります。

≪使用方法≫
◎定植前
 作付前の畑へ10a当たり10Lを全面散布し、耕運します。
◎育苗時
 播種時に500〜1000倍希釈液を灌水します。
 育苗中には週1〜2回 500〜1000倍希釈を灌水します。
◎定植時
 活着促進のため、500倍希釈液を十分に潅水します。
◎葉面散布(果菜類・葉菜類)
 薬剤散布や液肥散布時には、キチン酵素1000倍希釈液を混用散布します。曇天時には、カルシウム剤(カルエキス)1000倍と微量要素液肥(エコミネラル)500倍を混用散布します。
◎果菜類の場合
 栽培期間中は、10a当たり500cc〜1Lを週1回潅水します。

栽培上の注意