クラウド

適期作型が広く、低温伸長性・株張重視多収品種

クラウド

特性

1.株張よく大葉でガッチリ生育する多収性品種。
2.中生型の生育スピードで抽苔性が安定しており幅広い作型に対応可能。年内収穫の秋冬作および春作で特に品種力を発揮する。(じっくり← ヴィジョ<クラウド<スパイダー → 速い)
3.根が深く入り、徒長しにくく、在圃性に優れる。
4.べと病(レース1〜8)の抵抗性を持つ。
5.葉は、極濃緑色で光沢があり色ムラ等の障害がでにくい。葉身と葉柄のバランスが良く、荷姿が美しいので市場性に富む。

栽培上の注意

Picture

播種方法

一般地:7月下旬〜翌4月上旬

作型表
calender
作型表を参考に貴地に合わせて栽培してください

植え付け

条蒔き、点蒔き。タネを水につける必要はありません。

土壌条件

子葉、本葉2,3枚、4,5枚で間引き最終株間5cm程度

肥料

肥沃な土壌が良い。酸性土壌は好まないので石灰は十分に与える。

収穫

堆肥2kg、低度化成肥料80g、苦土石灰120g 平方メートル当たり

料理

15cm程度になったら順次