プリウスアーリー7

晩抽性で生育早い広葉タイプ

プリウスアーリー7

特性

営利生産の現場で、晩抽性が求められる春夏の栽培で、評価の高いプリウスにより高度なべと病抵抗性を付与し、葉色を濃く改良した品種です。
 草姿は立性で極濃緑色。葉先が丸く大葉で厚みがあり、重量感があります。
 株張り良く、軸が太く立性で収穫調製が容易。機械収穫にも適しています。荷姿が美しく市場性に富んでいます。生育速度はプリウスよりやや早く、プリウスより前後に広い時期に播種できます。

栽培上の注意

 プリウスより若干早生の生育スピードです。幅広い作型に対応できますが、計画的な作付けを心がけてください。
 べと病抵抗性レース7まで兼ね備えていますが、近年レースの分化が激しいので生育初期より防除を徹底してください。

  • 産地訪問情報の掲載があります。

  • 作型表
    calender
    作型表を参考に貴地に合わせて栽培してください