スパイダー

低温伸長性抜群で多収、作業性に優れ秀品率が高い。 (秋ー早春まき) 第58回全日本野菜品種審査会二等受賞

スパイダー

特性

1.低温伸長性抜群(高速生育)のべと病レース1〜7、9、11、13、15抵抗性の秋冬播き用早生品種。
2.草姿は株張り良く、立性で作業性抜群である。
3.光沢のある極濃緑色大葉で色むらが出にくく、高品質かつ秀品率が高い。
4.葉柄部が柔軟で軸割れ、軸折れの発生が少なく、低温や乾燥による葉巻き等の症状もでにくい。
5.9月から翌2月播きに適する。

栽培上の注意

1.近年の異常気象の影響で播種時期により収穫時期が大幅にずれることも考えられます。
2.べと病抵抗性レース7まで兼ね備えていますが、近年はレースの分化が激しいので生育初期より防除を徹底してください。

Picture

播き時期

低温下でも伸長を続ける厳冬期はトンネル栽培がおすすめ。
一般地9月から3月播きの主力品種

播種方法

条まきか点まき

作型表
calender
作型表を参考に貴地に合わせて栽培してください

植え付け

直播。加工用に草丈35cmオーバーを狙う場合はやや粗植が良い。

土壌条件

肥沃な土壌、作土は深い方が良い

肥料

石灰を効かせること

収穫

●葉柄部は柔軟で軸折れ、軸割れ等の発生が少なく、冬期に凍結しても折れにくい