寒味

べと病レース1-7抵抗性 冬の味ちぢみほうれんそう専用品種

寒味

特性

晩夏・初秋まきで冬どり(寒期)タイプのF1種です。
草姿は開性で、極濃緑色で光沢があり、株揃いが非常に良好です。
じっくり型の生育スピードで在圃性に優れます。
葉巻き、葉の縮みがきれいに発生するのが特徴です。
葉肉厚く、風味、甘み強く美味しい。特に降霜後はさらに味が濃くなります。低温時の葉の黄化が遅く商品性を高く保ちます。

栽培上の注意

じっくり生育する品種なので、極端な遅播きは避けてください。発芽をそろえるために整地、鎮圧を行います。
栽培参考例:株間8-12cm条間20cm前後5条植え
露地栽培ではべた掛け資材(ガードマン)などの利用を心がけましょう。

Picture

播き時期

各地で9月頃。年内にある程度株を大きくしておく。

播種方法

直播(10アール当たり2−3万粒)

作型表
calender
作型表を参考に貴地に合わせて栽培してください

植え付け

株間8から12cm、条間20cm前後 5条ベット

土壌条件

排水性と保水性のバランスが大切
土壌表面は固く、下は柔らかく保つ
*排水対策 深耕(サブソイラー)、ハウス間に排水路掘りなど。

肥料

収穫までは肥切れさせない
N=15から20、P=15から20、K=15(kg/10a)成分が目安。 味が命なので、堆肥、有機物資材の投入を徹底し、成分の半分以上は有機を施用するようにする

収穫

十分寒さに当てて、葉巻き、縮みのよく出た株を収穫する

料理

葉肉が厚く、食べ応えがある。おひたしも良いが、炒め物もおいしい。