東京べかな

べかなの代表品種

東京べかな

特性

”べか”とは小さいという意味で、小さく束ねて出荷する山東菜の俗称で、東京を中心に広く栽培されています。短期収穫型の極早生の山東菜で、葉は肉厚で波打ちがあり、芯部は巻き上がって外観が綺麗です。葉色は黄色を帯びた淡緑色、葉柄は丸みを帯び肉厚で純白で光沢があります。

栽培上の注意

耐暑・耐寒性が強く、生育旺盛で株張りが良いです。

播き時期

1月から6月上旬、7月上旬から12月上旬にまく。

播種方法

筋蒔きが主流です

植え付け

小松菜よりも間隔を広めに播きたい

土壌条件

どのような土壌条件の畑でも栽培は容易です。堆肥等の完熟有機物を多く含んだ畑に好適。

収穫

夏まきで20〜25日、冬まきで30〜40日で草丈20〜25cm、葉枚数5〜6枚になったら収穫します

料理

生のままでも、おひたし、炒め物等でもおいしい