TSGI−207バジル

べと病耐病性の短稈系ジェノベーゼタイプバジル

TSGI−207バジル1枚目

特性

短稈系ジェノベーゼタイプ。節間が短く、分枝が多い為、管理が容易で高収量。香りのバランスも良く、ジェノベーゼとして使用可能。
短稈を活かし、植物工場での栽培に適し、鉢苗としても使用しやすい。
既存品種と比べて、べと病には非常に強く、激発地でもある程度耐える。
高温にも非常に強く、真夏のハウス栽培でも葉先枯れは少ない。

栽培上の注意

べと病は、営利栽培での大敵です。比較的高温で発病し、特に昼夜の温度差が大きく、夜露などで湿度が上がると発病します。

播種方法

発芽適温は20〜25℃、発芽まで7〜10日程度。移植栽培が容易です。9cmポットに深さ5〜10mmほどの穴をあけ、種を3〜5粒まくか128穴-200穴トレイを利用して播種してください。
播種時の覆土が厚いと発芽しないことがあるので注意します。

植え付け

定植は、株間 30cm×35cm 程度に本葉3〜5 枚程度で定植します。低温に弱いので育苗時の温度管理に注意してください。
直播で株採りの場合は、株間 7-10 cm、条間 10-12 cm程度に2粒播種し、本葉3枚時に間引いてください。

肥料

施肥は、窒素成分で 10〜15g/平方メートルです。バジルは比較的乾燥に弱く、育苗、定植時に乾かさないように注意します。
草丈が 20〜30cm程度で摘芯をし、枝数を増やすと長期収穫できます。草丈50cm程度では倒伏の可能性があるので、支柱などを利用して誘引します。
18〜20℃程度で生育が鈍くなり始め、15℃以下では生育が停滞し、枯死します。

収穫

草丈20〜30cm程で収穫を開始します。収穫は摘み取りがお勧めですが、株採りも可能です。