サラダ・ラティーナ

サラダで食べるスイートサラダターニップ。イタリアで人気のサラダカブが凱旋!

サラダ・ラティーナ1枚目
サラダ・ラティーナ2枚目

特性

カブは古代ローマ時代から食べられていた野菜で貧しい人たちの食べ物とされていました。そのため日本で一般的な形状のカブはイタリアではほとんど発達せず、葉と蕾を食べるチーマ・ディ・ラーパが定着しています。本種は、日本で育種したカブですが、緻密で軟らかな肉質が欧州の人に受け入れられ、ローマの南方、ラティーナ県で栽培の広がっているスイートサラダターニップです。薄くスライスしてサラダ、ピクルスで食べられています。
肉質は緻密で軟らか。甘味が強く、 極上な食味が楽しめ、スライスしてサラダ、ピクルスに好適です。球形は厚扁円~丸型に良く揃い、表皮は滑らかで、 球色は純白に近く、美しい。ス入りは遅いほうですが、小かぶ収穫を基本とします。草姿はやや広がり、生育の程度は中程度で葉柄は中太です。
(写真はイタリアの産地の様子)

栽培上の注意

夏まきで、極端な高温や乾燥環境に当たると品質が劣る場合があるので留意します。

サラダ・ラティーナの作型カレンダー
作型表を参考に貴地に合わせて栽培してください

播き時期

抽だいはやや早い傾向があるので、冬蒔きは避け、春・夏・秋の三季蒔きがおすすめです。

播種方法

胚軸が肥大する野菜ですので、直播を基本とします。

植え付け

胚軸が肥大する野菜ですので、直播を基本とします。株間2〜3cmに播き、本葉1〜2枚で株間4〜5cm、本葉3〜4枚で株間12〜15cmに仕立てます。

土壌条件

日当たり、水はけの良い場所を選びます。

肥料

全量元肥で低度化成肥料ならば1平方メートルあたり150g程度を目安に畝全体に施します。

収穫

直径4cm程度から収穫できます。大きくなっても緻密な肉質ですが、適期の収穫を心がけましょう。

料理

皮をむき、生のままスライスや、四つ切りにしてサラダ。水っぽくなくしっとりした食感と上品な甘さが楽しめます。くりぬいてグリルなど。