ビエトラ・トリコローレ

他の野菜にないカラフルな発色のふだんそう。色違いの3品種を個包装で提供。

ビエトラ・トリコローレ

特性

●「ビエトラ・トリコローレ」は、茎の色赤(ロッソ)、白(ビアンコ)、黄色(ジャッロ)の3色の品種を色別に栽培可能。
●スイスチャードやふだんそう(不断草)とも呼ばれる野菜で、暑さ寒さにも強く、夏にも収穫でき、ビタミンA、ミネラルが豊富で風味がある。サラダに使う場合には若い葉を収穫します。
●他の野菜にはないカラフルな発色は、花壇の縁どりや鉢植しても素敵です。

栽培上の注意

種を一晩流水に漬け、軽く水切りし、種まきすると発芽が揃います。

Picture

播き時期

春・秋に播けます。

播種方法

条間20〜30cmですじまきか、ばらまきにします。発芽後に混み合ったところを間引き、本葉2〜3枚で株間を15〜20cmとします。

作型表
calender
作型表を参考に貴地に合わせて栽培してください

植え付け

条間20〜30cm。ばらまきも可。

土壌条件

水はけの悪い畑では、発芽直後に立枯病にあいやすいので、高うねにします。

肥料

生育が旺盛で栽培期間も長いので、肥料切れを起こさないよう追肥し、除草を兼ねて中耕します。

収穫

葉を大きくしすぎると、食味に劣るので、15?位までの葉を外側からかきとり収穫します。

料理

色を生かして、若葉と茎をサラダ。ナムル、お
ひたし、軽く炒めても良いでしょう。カラフルで食卓が華やぎます。