ルナ

断面、葉柄の黄色、独特の甘みが魅力 サラダやピクルスの新注目アイテム

ルナ

特性

ルナは形がカブに似ていますが、カブではなくホウレンソウと同じヒユ科(旧アカザ科)で、ミネラル含量に優れ、栄養価の高い根菜です。丸型で、ゴルフボールから野球ボール大で収穫します。ゴルゴ程ではないですが、黄色い渦巻き模様が入ります。発色には個体間差があります。
アマゾンショップのルナリンク

栽培上の注意

10℃以下の低温が続くと抽苔するので、早播きは避ける。立枯れやべと病が発生する場合があるので、多湿を避け風通し良く管理する。

Picture

播き時期

一般地で3月、9月が適期

播種方法

ルナの種は実は果実で、中に2〜3粒の種子が入っており、1粒から2〜3本発芽するので本葉2〜3枚時に1本に間引く。

作型表
calender
作型表を参考に貴地に合わせて栽培してください

植え付け

株間15cm、条間20cm

土壌条件

酸性土壌は不適。肥沃な土壌を好む

肥料

全量元肥で堆肥を1平方メートル当たり2kg程度

収穫

収穫が遅れると割れる場合があるので、ゴルフボール大から野球ボール程度の大きさで収穫する

料理

根の部分は薄くスライスしてサラダの彩りにするのがお勧め。
葉も、茹でてからレモンとオリーヴ油で和えたり、バター炒めで食べられる。軟らかく青臭さ等は無く淡白で美味しい。