ローマ・ロッソ

世界的にも珍しい赤軸セルヴァーティカ 野生の強い香り、味に加え発色が魅力的

ローマ・ロッソ

特性

地中海沿岸原産のサラダ用ハーブ。ルーコラ・セヴァーティカを基に葉脈に沿って鮮やかな紅色が発色するように育成を進めた品種。サラダに使うと色どりがより美しくなり、パスタやピッツアの仕上げに使うと余熱で香りが際立ちます。

栽培上の注意

葉脈の紅色は高温期でも発色し、料理を引き立てます。風味は通常のセルヴァーティカと同等でゴマの風味とピリ辛が美味なルーコラ(ロケット)の野生に近い品種。一般的な「ルーコラ・ロケット」とは別種。

播き時期

春先から秋まで幅広く播ける

播種方法

発芽適温20℃で1週間位。細かい種なので砂をまぶし筋播きする。種まき直後から水切れしないように管理すると芽生えが揃う。

作型表
calender
作型表を参考に貴地に合わせて栽培してください

植え付け

定植の場合は本葉3枚、葉長5?ほどの苗を根鉢が出来上がる前に株間15?に定植する。

土壌条件

日当たりがよく、肥沃で水はけのよい土壌が良い。

肥料

元肥堆肥1kg/1?、生育が緩慢ならば月に1回株元に化成肥料を少量追肥。

収穫

収穫は、地際3cmで刈取り、花茎や外葉を取り除く。
50g/束で出荷(手で握った大きさが目安)収穫時に固い花茎、枯葉を取り除き、輪ゴムで束ねる。コンテナごと水に付ける

料理

●サラダに使うと料理を引き立てる●風味は通常のセルバーティカと同等●パスタやピッツアの仕上げに使うと余熱で香りが際立つ