バジリコ・ナーノ

香りの強い小葉品種 こんもりした草姿は鉢植えでかわいらしい

バジリコ・ナーノ

特性

バジリコはインド原産の香草。古代ローマ時代にギリシャから伝わり、今ではイタリアを代表する香草です。中でもバジリコ・ナーノは南イタリアにだけ定着した珍しいものです。葉は小さくとも香り高く、料理の飾りに使う時も千切る必要が無いので見た目が美しく、用途は無限です。
一般的にバジリコはトマトとの相性が抜群で、栽培においても抗菌成分による病害虫抑制効果が知られコンパニオンプランツとして有名です。

栽培上の注意

小葉で直径20cm程度のこんもりとした玉のような形になります。鉢植えにすると観葉植物のようにキッチンガーデンで楽しめます。葉が小さいので2、3枚の葉をつけた芽を摘み取ってそのまま料理に使えます。新しい芽が次々に芽吹き長く楽しめます。

播き時期

春先から夏にかけて株が大きくなると花をつけるので春先に2,3週おきに播いておくとよい。八重桜が散った頃からが栽培しやすい。

播種方法

直播、育苗どちらでもよい

作型表
calender
作型表を参考に貴地に合わせて栽培してください

植え付け

1か所2,3本立ちで株間20cm、条間30cm。若干日陰でも育つ。

土壌条件

肥沃で水はけのよい土地が良い

肥料

1平方メートル当たり、元肥堆肥1kg。追肥は収穫開始後、化成肥料を少量ずつ

収穫

細かく分枝するので、葉先の4枚程度をつまむ。込み合いすぎるようならば枝をすく。

Picture

料理

サラダやピザのトッピング、形を生かして使い方無限大。