ヴェネチア

グストイタリアシリーズ 夏場も発色鮮やかな早生品種 タネの通販はこちら(Amazon)

ヴェネチア

特性

赤ラディッキョは、チコリの品種群で、みな葉脈が白く葉身が赤紫色で食べるとほろ苦い味が特徴。丸形をしたキオッジャ系と呼ばれるものは、アドリア海に面したキオッジャ市が名産地。他のラディッキョよりも比較的葉が柔らかいので、オリーブ油とワインビネガーで和えたサラダで生食されることが多い。

栽培上の注意

直径12cm位の球形で赤と白のコントラストが美しく気温に関係なく発色が良いのが特長。極早生の70日タイプ。晩抽性で耐暑性があり、高冷地では夏作可能。低温には弱いので、結球させるならば、秋の遅まきは避けるとよいでしょう。
Amazonで購入できます。

播き時期

一般地 3〜5月、8〜9月
高冷地 4〜6月
低温には弱いので、結球させるならば、秋の遅まきは避けるとよいでしょう。

播種方法

発芽適温は20℃、発芽迄1週間位かかる。移植栽培がお勧め。育苗鉢に1か所2粒播き、発芽に光が必要で、覆土は極力少なくする。本葉3枚、葉長5?位で株間25?畝間40?に定植する。
育苗時、定植後も葉は緑色を保つように管理するのが良い。

作型表
calender
作型表を参考に貴地に合わせて栽培してください

植え付け

本葉3枚、葉長5?位で株間25?畝間40?に定植する。

土壌条件

日当たりがよく、肥沃で水はけのよい土壌が良い。

肥料

元肥で、堆肥3kg/1?、生育が緩慢ならば月1回株元に化成肥料を少量与え、秋は降霜直前まで結球を促し収穫する。
秋は外葉が大きく育っていないと葉枚数が足りず結球が不十分になる。

収穫

しっかり結球した株を株元から刈取り収穫する。

料理

他のラディッキョよりも比較的葉が柔らかいので、オリーブ油とワインビネガーで和えサラダで生食やグリルすることも多い。