パリーノ・ジャッロ

かわいい丸形のズッキーニ、果実色は鮮明な黄色。

パリーノ・ジャッロ

特性

開花後3〜5日後の果実直径7〜8cmで収穫。収穫の遅れは果実への傷や樹への負担になるため適期収穫を心掛ける。
・生育初期から草勢が安定し雌花、雄花がバランスよく開花して次々の果実が収穫可能。
・ウイルス病(ZYMV)に強く、栽培しやすい。

栽培上の注意

ハウス栽培や低温時期は開花日の早朝から午前9時頃までに人工交配を行い確実に授粉する。
・果実の下の葉は3枚ほどを残して摘葉する。この際、葉柄は残すことで株の倒伏防止になる。
・栽培中の温度変化や草勢低下等のストレスにより果皮に緑色の部分が発生することがありますが品種特性です。食味は変わりありません。
*パリーノ・ネロ、パリーノ・オリーブと3種類で栽培すると彩りよく、3色での青果販売もお勧め。

播き時期

春まきが栽培しやすい

播種方法

ポット苗育苗する。

作型表
calender
作型表を参考に貴地に合わせて栽培してください

植え付け

株間80〜90cm、本葉3〜4枚の若苗で定植。

土壌条件

日当たり、水はけよく、肥沃な土壌が良い。梅雨明け以降は敷き藁などをして急激な乾燥を避ける。

肥料

植後30日以降に化成肥料や液肥を定期的に追肥して草勢を維持する。

収穫

果柄の元から切り取る。

料理

スライスしてピザ台のように使ったり、半分に切って器にしたり