くり将軍

早生、大型果、多収でホクホクで甘い食味 第1回ベジワングランプリ1等特別賞受賞のホクホクした甘い食味

くり将軍

特性

 果重2kg前後の大果が2番、3番果でも着果後50から55日で収穫できる早生で多収の品種です。果面の条溝は目立たず、艶があります。果肉は粉質で食味に優れ、均等な肉厚で果実の切断面が褐変しにくく加工適性も高い。収穫直後でも糖度10度程度あり、後熟せずに加工も可能です。また、収穫後1ヶ月以上経っても紛質が維持され、貯蔵性も高い。葉柄は太く、草勢が強く着果安定します。連続着果させても同じくらいの大きさで収穫可能で多収です。果柄が長いので玉が傷つきにくく、収穫作業も容易です。

栽培上の注意

定植初期のトンネル栽培の注意点は、親蔓は10cm程度伸張した頃に摘芯する。蔓の伸長にあわせトンネルを剥がし葉やけを予防する。子蔓の葉の直径が30cm程度になった以降の節に着果させる。目安は6節から10節前後で、樹勢により前後させます。残肥を有効活用できるが、樹勢を見て1番果着果後に適宜追肥を行います。以上の管理で1番果の肥大促進と2番果以降の着果数が増えより多収となります。

Picture

播き時期

?子蔓2本仕立ての定植密度は10a当り450〜500株を基準とする。
?1本仕立の場合は倍数の900〜1,000株。

播種方法

春播きの早い定植の作型ではハウス内で育苗する。ハウス内の中央部とサイド側では気温が異なり、温度の差が苗の生育差につながる。苗の不揃いは定植後の生育差につながるため、苗の生育は均等になるよう管理する。

植え付け

?春夏栽培:条間3.0〜3.5m、株間60〜70?で子蔓2本仕立での栽培が最適。
?7月以降播種の秋栽培では株間35cm前後の親蔓1本仕立てで栽培する。(着果時期早期化)

肥料

?施肥量は圃場条件、前作により異なるが、窒素換算で10a当り10〜20?を施用する。
?元肥と追肥の割り合いは70%を元肥、30%を追肥とする。(元肥一発施肥では40日型の緩効性肥料と組み合わせる)
?ウドンコ病は、肥切れによる草勢の低下が最大要因。堆肥施用で収穫まで肥効の維持を行う。カルシウム剤(カルエキス)の葉面散布も予防効果が高い。

収穫

生育初期6〜7節は短節間で伸びるが、着果節の決め方は従来の品種、栽培指導にこだわらず、低節位でも着果節の葉が、雌花開花時に直径35?前後であれば積極的に着果させる。5玉、6玉の収穫は十分に可能である。

料理

煮物、揚げ物に甘い食味を楽しめる