サルサ・デ・ウマイ

サルサや酢漬けに。たくさん採れるハラペーニョ。

サルサ・デ・ウマイ

特性

サルサの他に酢漬けにしても美味しいトウガラシ。辛いだけでなく味があるとメキシコの人はいう。秘密はタネの周りは辛いが果肉は甘い。輪切りにしてタネごと料理するのがメキシコ流。歯切れよく多汁。ハラペーニョタイプ

栽培上の注意

枝が分かれるたびに花が付くので内向きの枝を中心に取り除き、込み合わないようにします。支柱に誘引するのが栽培しやすい

Picture

播き時期

定植時期の目安は、遅霜の心配がなく最低気温10度以上、最低地温15℃以上になった頃だと露地栽培が容易です。多少遅くなっても、未熟果を収穫する作物なので十分収穫を楽しめます。

播種方法

葉は緑色でつやがあり厚みがある。茎は太く節間が短くガッチリしている。病害虫に侵されていない。苗を選ぶとよいでしょう。

作型表
calender
作型表を参考に貴地に合わせて栽培してください

植え付け

株間50〜60?の1条植えが基本です。プランターには1株定植。

土壌条件

日当たり、水はけよく、肥沃な土壌が良い。梅雨明け以降は敷き藁などをして急激な乾燥を避けましょう。

肥料

着果が始まったら、2週間に一度追肥を与えます。

収穫

収穫目安のサイズになったら収穫を始められます。樹になったまましばらくしてから収穫すると、辛さののった果実が収穫できます。 ハサミで切り取ります。辛さレベルの高い品種に触れた後、手を洗わずに目鼻口を触ると辛さの刺激を受けることがあります。トマトやキュウリ、葉物とは別の容器に収穫するとよいでしょう。

料理

サルサにすると香りが違います。瓶詰のサルサはもう、食べられません。