娃々菜

外葉から芯まで軟らかい葉質で手のひらサイズの小ささ。鍋物はもとより、サラダでも美味しく食べられる新野菜。

娃々菜

特性

 普通の白菜よりも密植、減肥料で栽培します。収穫までの日数も短く、面積あたりの収量が増えます。300-500g程度の軽さなので、収穫作業も容易です。
 栽培には専用マルチを利用すると、良品が容易に収穫できます。(1本から出荷。お近くの種苗店さんにご用命ください。)硬くて食べにくいところが無く余すところ無く調理できます。

栽培上の注意

産地化希望の生産者を募集いたしております。
ご希望の方はトキタ種苗 開発普及室 048-683-3434までご連絡ください。

Picture

播き時期

一般地8-9月、トンネルで保温して1-3月播き。高冷地7-8月、トンネルで保温して3−4月播き

播種方法

ポット苗育苗(春は本葉6枚程度。秋は2.5枚程度まで育てる)

作型表
calender
作型表を参考に貴地に合わせて栽培してください

植え付け

株間20cm、条間30cm目安。専用の娃々菜マルチを利用すると良品の収穫が容易。

土壌条件

肥沃で水はけのよい土壌が良い。カルシウム欠乏を起こさないように石灰はしっかり入れる。

肥料

元肥・追肥全量で1平方メートル当たりNPKそれぞれ20g程度。元肥:追肥は7:3程度を目安に元肥主体に栽培する。後半は肥料は控えめでよい。

収穫

8分程度に締まってきたころから順次収穫する

料理

生のままサラダ、定番の鍋など。ほんのりした甘さと歯切れの良さを活用してほしい