ジャングルイエロー ミニトマト

ミニトマト栽培の常識を転換。わき芽はとらずに黄色の果実をつける

ジャングルイエロー ミニトマト1枚目
ジャングルイエロー ミニトマト2枚目

特性

ジャングルトマトは枝分かれ毎に果房がつき、それぞれを生かす栽培をするので、枝が折れてしまっても短期間で着果しリカバリーが容易。わき芽とりの手間がかからず栽培に失敗しにくいのが特長。真夏も着果が良く、食味も良好な初心者にも優しい赤い果実の丸玉ミニトマト。
2020年新発売の「ジャングルイエロー」は、特性はそのままに黄色の果実が収穫できる。黄色の果実は赤と異なり、フルーツのような印象を与え、サラダや冷やして食べてもで美味しそう。ジャムやトマトジュースなどに加工しても面白い。

栽培上の注意

脇芽はとらずに実をつける。枝同士が重なりすぎないようにネットや番線で誘引する。

播き時期

GWの頃にポット苗を定植する。

植え付け

株間80cm、プランターに1株。ネットに枝同士が重なり合わないように誘引する。

土壌条件

日当たり、水はけよく、肥沃な土壌が良い。梅雨明け以降は敷き藁などをして急激な乾燥を避ける。

肥料

実が着き始めたら追肥を2週間おき目安。

収穫

熟した実を順次収穫する。