おすそわけ (房どりミニトマト)

今までなかった房どりミニトマト。家庭菜園の収穫の喜びを高級感あふれる房どりでおすそわけしよう。

おすそわけ (房どりミニトマト)

特性

●赤色、果重10〜20g●さくっとした食感で甘い●1段1花房(10-14果/花房)着果し花数の調整不要●花房がほぼ均等に熟するので房どりに挑戦してほしい

栽培上の注意

●ToMVと葉かび病に抵抗性、トマト黄化葉巻病に強耐病性でシーズン終盤まで収穫が期待できる

播き時期

家庭菜園ならば、遅霜の恐れのなくなったころから植えるとよい

播種方法

ポット苗を購入して定植するのが栽培容易。

植え付け

●植付け:主枝2本仕立ての場合、株間50cm程度。60cmプランターには最大1株。
●2本仕立てにする場合、第一花房直下の脇芽はとらずにそのまま伸ばし、着果させる。以降は通常のトマト同様脇芽をかく

土壌条件

肥沃で、日当たり、水はけのよい土壌が良い。

肥料

●元肥は1平方メートルあたり堆肥2kg、苦土石灰20g、低度化成肥料180g程度

収穫

●果房の元から先端までほぼ時間をおかずに熟すので、房どりに挑戦してほしい。

料理

房のまま、大粒のブドウのフルーツ盛りのような感覚で楽しんでほしい。