ガブリツキ

ガブッと食べたい 味・食感最高の夏秋どり専用種

ガブリツキ

特性

濃桃色の果実は、果重200-230gで日持ちよく、果肉は粘質。家庭菜園や直売に多い夏秋どりの栽培適性と食味を追求した早生品種。果皮は軟らかめで、甘さ、酸味、食感をあわせた夏の食味は抜きんでる。萎凋病(R-1)、半身萎凋病、ネコブセンチュウ、ToMV(Tm-2a/+)、斑点病に抵抗性。草勢は強く、ガッチリした草姿。1花房の花数5-6花、開花が一斉で果実が揃い、生育後半までバテない。

栽培上の注意

直径30cm程度の鉢もしくは、トマトベリーガーデンおいしく栽培土ならば1株定植します。ベット幅100cm、株間40cm程度。肥沃で日当たりのよい場所で栽培します。元肥は窒素成分を控えめに、第一花房を確実に着果させます。わき芽は8cm程度の長さになったら切除します。3段目の着果を確認したら、樹勢が衰えない程度に加減しながら追肥をはじめます。
土壌水分が一定だと生育が安定するので、雨除け、梅雨明け後は株元マルチがお勧めです。果実の色が変わり、果皮にはりがありつつ軟らかになったころが適期。