サンチェリーピュア

食味良好、18g前後の果実 越冬・抑制栽培

サンチェリーピュア

特性

葉かび(Cf-9)抵抗性、ウィルス病(TMV-Tm2a)と萎凋病(R-1)抵抗性を持ち、斑点病耐病性。異常茎、芯どまりが発生しにくく栽培容易な品種です。
 花房はシングル中心ですが3、4段以降はダブル中心になります。1花房あたり20から35果と安定して着果します。1果18g前後、糖度は8度程度に安定し、裂果が極めて少なく秀品率が高い。

栽培上の注意

抑制・越冬、促成栽培に適します

Picture

播き時期

開花前の若苗定植
暑さ寒さに強く周年格作型に適する。

播種方法

午前28℃
午後15-18℃  夜温10℃
 温度管理は湿度管理も平行して行うと良い。
午前は温度と湿度50-60%、午後は湿度30-40%を目標に管理。

作型表
calender
作型表を参考に貴地に合わせて栽培してください

植え付け

株間30から35cm 葉は大きめ

芽欠き
 5段開花までは大玉トマトと異なり生育が早いミニトマトではゆっくりと行い葉面積を確保する。(花房下2枚残しなども有効)
 下葉欠き ピュアは悪い葉以外は残したままでも可。

土壌条件

ピュアは伸びの速い品種なので早めの誘引を行う。

肥料

元肥
N:P:K=20: 8:20(kg/10a) 無加温
N:P:K=10: 5:20(kg/10a) 抑制
N:P:K=25: 15:30(kg/10a) 越冬
草勢をみながら随時。花数増やすために潅水量を控えすぎない。
 3段開花以降週1回 N:K=1:2(kg/10a)
 収穫開始以降  Mg(7段開花時に確実に)・Ca・B 欠乏に注意

収穫

割れに強く輸送適性もあるので樹上完熟収穫とする

料理

生食でサラダはもちろんジュースもおいしい。