北京球茎

栽培容易でみずみずしい肉質、炒・煮・漬物、サラダにも適する伝統野菜 ※販売終了とさせていただきました

北京球茎

特性

ブロッコリーやキャベツの芯と比べると繊維質が少なく軟らかく甘みがありみずみずしい。本種は中国在来の系統から選抜したアジア型の品種であリ、耐暑、耐寒性に優れ、茎は300から500gになる。草勢は強く栽培の容易な品種である。

栽培上の注意

株間20cm程度に直播もしくは移植栽培とする。畑には完熟堆肥を施し、元肥として、窒素10g、燐酸6g、カリウム7g程度を目安に与える。追肥は即効性の窒素肥料を苗の活着後もしくは、間引き後に1、2回施す。生育適温は12-20℃。夏期の乾燥予防には敷きワラやマルチが有効。

播き時期

一般地2月から5月、7月から9月。初期に虫害に遭わない様に苗にはべたがけなどすると良い

播種方法

直播も移植も可能。

植え付け

株間20cm程度に定植もしくは直播する。

土壌条件

腐植の多い土が良い。完熟堆肥を施す。乾燥防止にはワラマルチなどが有効。

肥料

元肥1平方メートルあたり窒素10g、燐酸6g、カリウム7g程度目安。

収穫

定植後60〜70日で収穫適期。畑に置きすぎると繊維質がでてくるので注意