下仁田ネギ

太く、軟らかな食感は、ネギの殿様

下仁田ネギ1枚目

特性

群馬県下仁田地方の原産で、おいしいネギの代表品種。殿様ネギとも呼ばれます。軟白部は20−25cm、太さ3−4cmで分げつはしません。葉は濃緑色で短太。葉数は少なくやや開きます。

栽培上の注意

霜で葉が枯れます。

下仁田ネギの作型カレンダー
作型表を参考に貴地に合わせて栽培してください

播き時期

春まき2-3月で収穫11-1月。秋まき9-10月で収穫は翌年の11月ころ。

播種方法

低温期には発芽適温15−25℃を目指してトンネルやハウスで発芽させる。初期生育がゆっくりなので小さいうちはあまりいじらずに順調に生育させられるような場所で育苗するとよい。

植え付け

90cm畝に5cm間隔を目安に定植する。

土壌条件

日当たり、水はけよく、肥沃な土壌が良い。日陰になるようなところだと生育がおとる。

肥料

涼しくなってきたころから土寄せ時に追肥を与える。

収穫

十分太くなったものから順次収穫する。

料理

まずは鍋物で。葉が厚く、軟らかな食感が楽しめます。