ミルキースイーツ88ST

大型果+耐風性のフルーツコーン

ミルキースイーツ88ST1枚目
ミルキースイーツ88ST2枚目

特性

良食味で人気のミルキースイーツの果実がより大きく、風による 倒伏被害に遭いにくくなるよう改良した品種。それが「ミルキース イーツ 88ST」です。1 穂の重量は、450g異常が多く、ボリュームがあり先端まで良く詰まり、甘くジューシーです。
草丈は 180~190cm 程度ですが、根張りが強く、支根が発生し、 しっかりと土壌をつかみ樹体を倒伏させません。倒伏した際の起上がるまでのスピードは、ミルキースィーツシリーズの中では一番早い。着鞘位置は、地上 から 55~60cm と作業性も良い。

栽培上の注意

雄花発生から受粉時までは、アワノメイガに特に注意必要なので、日ごろの確認と早め早めの防除を行う。

雄花が見え始めたころマルチを除いておくと、栽培後の圃場整 備が容易です。

播き時期

関東標準4月マルチ播種で 88 日が収穫目安となります。

播種方法

初芽適温は 30~35°C、生育適温は 22~30°Cと高温を好みま す。(35°C以上は不適)生育をそろえるため、無理な早播きは避け た方が良く、桜の開花後が目安。このころに1週間おきに播くと収 穫は 3~4日ずれてきます。

植え付け

栽植密度は、畝幅 140cm、株間 30cm、条間 40~50cm の2条 播きでおよそ 4,400~5,200 株/ 10a。1列より 2~3 列と1畝 あたりの条数が多い方が受粉率が高まり、先詰まりが良くなりま す。

肥料

追肥は、1回目にトンネル除去時。2回目に雄穂抽出時。3回目は基本的にあまり行わないが植物体の状態を見て、受精終了後に行うと良い。各1回づつの追肥散布量は3〜5g/平方メートル。