ゼルダ・ルーチェ

生育初期から草勢安定、極濃緑果皮に光沢、曲りの少ない高品質果実が多収できる

ゼルダ・ルーチェ1枚目
ゼルダ・ルーチェ2枚目

特性

果長20cm前後、太さ3cm。円筒形で曲がり少なく極濃緑色、果皮に光沢がある。
生育初期から終盤まで草勢が強め安定、収量が期待できる。
葉は大きいが、立性なので果実を発見しやすく、取り遅れが少ない。
PRSV、 WMV、 ZYMVのモザイク病に対して強い。
ゼルダネロと比較して、低温時期も雄花、雌花がバランスよく開花する。

栽培上の注意

栽培期間を通じて草勢は強目に安定するため、適切な施肥を実施する。

ゼルダ・ルーチェの作型カレンダー
作型表を参考に貴地に合わせて栽培してください

播き時期

低温期、雄花が安定して開花するため、ハウス越冬作や一般地春の低温期の作付に向く。

肥料

日当たり、水はけよく、肥沃な土壌が良い。梅雨明け以降は敷き藁などをして急激な乾燥を避ける。

料理

煮て良し、焼いて良し。淡白な味としっかりした食感で和洋中いかようにも調理できる。