赤毛瓜

沖縄の黒いぼキュウリ 煮物、炒め物、漬物でおいしい

赤毛瓜1枚目

特性

沖縄の黒いぼ胡瓜。果重700g以上の大果になります。収穫適期になると果実表面が褐色に変色します。生食以外にも煮もの・炒めもの・漬けものと幅広く利用できます。
草勢は強く、側枝の発生の旺盛な品種です。

栽培上の注意

本葉5,6枚の頃芯を止め、側枝を3-4本伸ばす(初期のみ整枝、後は放任)
雌花着花は側枝の4-6節の1花の割合、孫つるの第1節目に着生する。単為結果性は少ないので、訪花昆虫がいないときは花粉つけを行う
果実表面の色は 薄緑色→黄緑→黄色→褐色と変化していく。褐色のものを収穫(目安:積算温度で560度以上必要) 地這い栽培の場合、接地面の色ムラで出るので、収穫数日前に果実の向きを変える