つやみどりパワー

うどんこ病・急性萎凋病等に強く多収・良食味

つやみどりパワー1枚目
つやみどりパワー2枚目

特性

キュウリ栽培で特に問題となるうどんこ病・べと病、ウィルス病のZYMVに極強く、ウィルスの感染による急性萎凋病が発生しにくい。
生育中盤の子蔓・孫蔓の発生も良好で、収穫量の増減ブレが少なく、梅雨明け後も良果が安定して収穫できるのが特長です。
果色は濃鮮緑色で歯切れ艮く、食味良好です。

栽培上の注意

1−6節までの子つるは摘除。7節以降は1−2節どめとし、孫枝以降は生長点を3本程度残すようにする。

つやみどりパワーの作型カレンダー
作型表を参考に貴地に合わせて栽培してください

播き時期

4月上旬〜8月中旬播種。

土壌条件

日当たり、水はけよく、肥沃な土壌が良い。

肥料

元肥は1平方メートル当たり完熟堆肥1.5−2kg。チッソ成分で20−25g、リン酸・カリを成分で20−30g。
水分不足、肥料切れは草勢低下につながるので避ける。
追肥は収穫開始後から2週間に1度。1平方メートルあたりチッソ成分で2−3g目安。

料理

一般的な日本タイプのきゅうり。