ナポリ

グストイタリアシリーズ ふっくらと太り、肉質、香りとも本格派・栽培容易 タネの通販はこちら(Amazon)

ナポリ

特性

まずは生でサラダにしたり、他の野菜と一緒にオリーブオイルと塩でばりばり食べるピンツィモーニォが最高。グラタンにしても美味しい。英語名はフローレンスフェンネル。ウイキョウやフェンネルの仲間です。サラダでも加熱してもおいしく食べられる新顔野菜。

栽培上の注意

本種は、イタリアで愛用されている品種から選抜した、香り高く、塊茎色も白くきれいな中早生の品種です。季節を問わず作りやすく良く太ります。痩せた土地でも比較的作り易いですが、根が深いので深耕すると上手に作ることが出来ます。
Amazonで購入できます。

Picture

播き時期

発芽適温は20℃で発芽は1週間くらいかかります。 春(3-5月)と秋(9-11月)の種まきが一般的ですが、霜が降るような季節はトンネル等の資材が必要です。

播種方法

直播が失敗が少ないでしょう。株間25cm畝間45cmで3-5粒ずつ播種し、しっかり灌水して下さい。 移植栽培の場合は、小さめのポットかセルトレイに3粒ほど播いて下さい。本葉3枚の時に間引いて、移植します。プランターや栽培袋でも栽培可能です

植え付け

直播の場合、本葉3-5枚の時に間引きます。  移植栽培は、株間25cm畝間45cmに定植します。  病害虫には比較的強い野菜です。春や秋にはアゲハチョウの幼虫が葉につくことがあります。見つけ次第、取り除いて下さい。

土壌条件

 水はけ、日当たり、肥もちのよい土壌が好ましい。  トマトベリーガーデンおいしく栽培土で袋栽培も可能です。

Picture

肥料

植えつけ時に堆肥を3kg/平方メートルほどした後は、様子を見ながら追肥をします。葉先がやや黄緑色になったり、生育が緩慢ならば追肥時期です。月に1回が目安になります。追肥は株元に化成肥料を少量振って下さい。  株元が膨らんできたら、追肥のタイミングで土寄せをします。

収穫

露地で霜にあたると痛みます。冬を越すと6〜7月に花が咲いてしまいます。花が咲く前に収穫しましょう。

料理

スライスしてサラダ、オーブン焼きなどで調理します。